肥満をコントロールするのは難しい

自分の健康のことは気になるもので、年をとればとるほどそれは大きくなります。

年齢を重ねると自分の体のあちこちにガタが出るのが否応なしに感じられてしまいますので、健康への不安、関心は高まる一方です。40歳代あたりで感じられるのはまず、体重の増加でしょう。

よほどの激しい肉体労働のお仕事や、日常的にスポーツを行なっている人以外は、若い時と較べて代謝がどうしても落ちてきますので、食欲はあまり落ちないため、体重だけが増えて、体への負担として現れてきます。高脂血症などが出てきます。

これに対応するには、食事制限、代謝を増加させることが大事になってきます。代謝を高めることだけで、これに対応するのはよほどの運動量をこなさないと不可能で、食事制限は必須となるでしょう。若いころと同じように腹いっぱい食べていると、著しい体重増加の異常として現れてきますが、食欲というのはなかなか抑えがたいものがありますので、巷には肥満者があふれているのです。よい例が食レポーターの彦麻呂さんです。

お若いときはあんなに素敵だったのに、今ではまさに病的な状況です。いずれにしても、日ごろよりご自身の健康診断を受け、自分の状態を知っておくのは大切なことです。また、ピロリ菌検査を受けておくことは、胃がん発症の予防になりますので、とてもおススメの項目です。