寄生虫の駆除にはドロンタール

猫の寄生虫は人間に感染するのか疑問に思っていました。

可愛い猫の身体の中には寄生虫が潜んでいることもあります。実は、寄生虫の中には人間にも感染力を持つものが存在します。場合によっては経口の感染を招いてしまうこともあります。寄生虫、特に回虫の駆除にはドロンタールプラスが使用されます。
その寄生虫たちが人間に感染してしまう威力は、体調不良を起こすだけではなく子猫など体力のない猫が感染すると死に至る危険のあるものまでいます。しかし対策をとれば安心と言えると思います。猫に寄生する寄生虫の種類を知り、それらが引き起こす症状や対策について解説です。ネコノミは一番知られている猫の寄生虫です。

ノミは猫の毛の中を走って血を吸っています。ノミの“ツバ“でアレルギーを引き起こし激しいかゆみから皮膚炎をおこしたり、噛まれることでノミのウィルスや細菌に感染してしまう場合もあります。猫のフィラリアは家の外だけでなく、家の中でも起こるので厄介なのです。 フィラリアの薬もあるので、お近くの動物病院のお医者さんに相談してみてください。

寄生虫の発見から駆除、死滅の確認はすべて検便で行います。検便に始まって、検便に終わる、という感じです。 長い間、一緒に暮らしていく動物たちです。

猫に浣腸

猫を飼っているといろんな心配が絶えないものです。心配事はいろいろあります。

ご飯を食べなくなったとか、暴れるとか、シャワーに入れてあげないといけないとか、ノミ・ダニ対策をしないといけないとか…。

あと、よくあるのが猫の便秘です。便秘になるとかなり調子が悪くなってしまうので、見てられないぐらいです。最悪の場合、猫に浣腸もします。最初に浣腸をしたときはイヤだなとか、かわいそうだなとか思いましたが、猫は同じ屋根の下に暮らす家族同様なので、そんなことは言っていられません。一人で浣腸することもありますし、家族に応援してもらう場合もあります。

浣腸をしようとすると猫がそれを察知して逃げようとすることが多いです。それをなんとか押さえつけてお尻にブスッといれます。猫はにゃおーと寂しげな声を出しますが、かわいそうとか言っていられません。ときには、ウンチも手や顔についたりします。そして、しばしすると、お通じがあります。めでたし、めでたし。まあ、浣腸するときは便秘が何日も続いているひどいときだけです。あんまり浣腸ばかりしていると、猫の方も大変なので、ほどほどにしています。

浣腸をしても不発のときもありますが、お尻への刺激としては有効で時間差はありますが、お通じにつながります。

肥満をコントロールするのは難しい

自分の健康のことは気になるもので、年をとればとるほどそれは大きくなります。

年齢を重ねると自分の体のあちこちにガタが出るのが否応なしに感じられてしまいますので、健康への不安、関心は高まる一方です。40歳代あたりで感じられるのはまず、体重の増加でしょう。

よほどの激しい肉体労働のお仕事や、日常的にスポーツを行なっている人以外は、若い時と較べて代謝がどうしても落ちてきますので、食欲はあまり落ちないため、体重だけが増えて、体への負担として現れてきます。高脂血症などが出てきます。

これに対応するには、食事制限、代謝を増加させることが大事になってきます。代謝を高めることだけで、これに対応するのはよほどの運動量をこなさないと不可能で、食事制限は必須となるでしょう。若いころと同じように腹いっぱい食べていると、著しい体重増加の異常として現れてきますが、食欲というのはなかなか抑えがたいものがありますので、巷には肥満者があふれているのです。よい例が食レポーターの彦麻呂さんです。

お若いときはあんなに素敵だったのに、今ではまさに病的な状況です。いずれにしても、日ごろよりご自身の健康診断を受け、自分の状態を知っておくのは大切なことです。また、ピロリ菌検査を受けておくことは、胃がん発症の予防になりますので、とてもおススメの項目です。